薄毛・うす毛の治療〜育毛剤か?AGA病院・クリニックか?

抜毛の男性

薄毛・うす毛でお悩み中のあなた。

 

ようこそいらっしゃいました。 ありがとうございます。

 

うす毛や抜け毛でお悩みの方の中には、自分で育毛剤で治療を始めるか、さっさとAGAクリニックなどへ通うほうがいいんだろうかと迷っているかと思います。

 

最近は、薄毛の治療のためにAGAクリニックを受診される方が増えています。

 

治療方法も豊富で、専門クリニックの数も増えたので、薄毛に悩む方にとっては多変利用しやすくなりました。

 

それでも利用するにあたっては、治療費が高額なのではないか、本当に効果があるかと、躊躇されている方も多いことでしょう。

 

AGAクリニックの良い点は、まずは無料でカウンセリングが受けられるということ。

 

AGAクリニックの治療は、費用がかかることは周知のことです。

 

でも、受診したからといって必ず治療をスタートしなければならないわけではありません。

 

一度専門医に相談をするのはとても大切なことです。

 

また客観的にどれくらい自分の薄毛が進んでいるのかを見るにも良いチャンスとなるはずです。

 

意外と、これまで自分が抜け毛や薄毛対策にしていたヘアケアがむしろその原因となっていることを知ったという方も多いです。

 

嬉しい男性

 

治療に入る前にしっかりと日常ケアなども見直してもらえるのも良い点です。

 

効果の面では、これは人それぞれとなるのですが…。

 

しかし、いろいろなAGAクリニックがあるので、いくつか比較検討されてから自分に合うところに治療に通っているという方が多くなってきました。

 

そして、治療費・診療費の面では、むしろ割安に感じたという方もいるほどで、ダラダラと効果のない自我流の対策を続けるよりは、集中して治療できたので結果的にはコストを抑えることができるようです。

 

一時的には費用はかかりますが、専門医から適切な治療が受けられ、アフターケアなどもあるので総合的には安心できる治療方法です。

 

日常的な生活のうす毛や抜け毛のアドバイスから治療までトータルサポートをしてもらえます。

 

ドクター

プライバシー保護にも配慮がある個室タイプとなっているクリニックもあります。

 

AGA治療は、保険対象外の自由診療ですので、治療費は様々です。

 

頭皮ケアを行っているクリニックは高額ですが、効果は高いでしょう。

 

一方でアドバイスと薬を処方するだけのクリニックであれば低価格ですが効果は頭皮ケアがあるクリニックよりは低いでしょう。

 

クリニックによっては、AGA治療薬であるフィナステリド(プロペシア)、ミノキシジルは、一定の副作用があるものがあるので、血液検査を行ってくれるところもあります。

 

そして治療法も多様で独自の治療方法をとっているところもありますので、事前によく説明を受ける必要があります。

 

それ以外にも成長因子を注入したり、頭皮環境を改善するシャンプーや血行を促進する頭皮マッサージ、皮脂の除去などの薬の効果を促進するメニューがありますので、より高い発毛効果を期待できるでしょう。

 

GACKTさんのCMでもおなじみのAGAスキンクリニック発毛・育毛治療に特化したAGA治療専門病院で、月4,200円というお手頃価格から治療を始めることができます。

 

  • AGAスキンクリニック統括診療部長自ら薄毛に悩み、治療を体験、効果を実感したAGAスキンクリニックオリジナル発毛薬「Rebirth(リバース)」
  • 月4,200円から手軽に薬で治療を始められる
  • 発毛実感率99.4%
  • 全国に40院(2015年10月現在)
  • 全国の病院でお得なキャンペーン実施中

カウンセリングを受ける男性

薄毛治療をAGAスキンクリニックでするかしないかはまずは無料カウンセリングを受けてみてください。

 

専門のカウンセラーがあなたの頭皮・毛根の状態をチェックし、あなたの悩み・不安を聞いてくれます。

 

その上で、治療内容、お薬の種類、費用の詳細が提示されます。

 

必ず始めなければいけないという事ではないので、自分の髪・頭皮の状態を知るだけでもカウンセリングを受けてみてもいいと思いますよ。

 

AGAスキンクリニック公式サイト

 

おすすめAGAクリニック比較表

  ヘアジニアス AGAスキンクリニック ヘアメディカル
無料カウンセリング

治療費目安
  • 初診: 3,000円
  • 血液検査1回: 10,000円
  • フィナステリド1箱: 3,980円〜
  • オーダーメイド処方1か月: 25,000円〜
  • 医療発毛頭皮ケア1回: 60,000円〜
  • 月3,400円〜
  • 初診料: 25,000円(治療を開始される場合)

*処方料込・再診無料+血液検査2回

  • 初診:10,000円
  • 2回目以降: 15,000円〜30,000円

* 治療費は32,000円/月(薬代込)を超えることはない

治療方法 投薬治療
  • 投薬治療
  • 育毛セラピー(頭皮注射)
  • 自毛植毛
投薬治療
診察時間 月・火・木・金・土: 11:00〜20:00

日・祝: 10:30〜18:00
休診日: 水曜日
(拠点によって異なります)

9:00〜21:00(年中無休)
  • 水: 13:00〜19:00
  • 木・金:10:00〜19:00
  • 土・日:9:30〜19:00
  • 休み: 月・火
場所
  • 東京(渋谷)
  • 大阪(梅田)
  • 名古屋(栄)
  • 福岡(博多)
  • 沖縄(那覇)
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、北海道、青森、秋田、宮城、富山、愛媛、高知、岡山、広島、福岡、沖縄(全国45か所) 東京: メンズヘルスクリニック、ウィメンズヘルスクリニック

名古屋: AACクリニック
大阪: 脇坂クリニック
福岡: 城西クリニック

公式サイト

公式サイトで予約する

公式サイトで予約する

公式サイトで予約する

 

薄毛治療の費用・相場

AGAクリニックで治療するメリットとデメリット

多くの男性の方が薄毛に悩む時代です。

 

そのような方にとって、AGAクリニックでの治療は一つの選択肢です。

 

AGAクリニック治療とはどのようなものかと、そのメリットとデメリットをご紹介します。

AGAクリニックとは

髪を触る男性

一般的に男性の薄毛・抜け毛といった脱毛症を治療する医療機関には、次の2つの種類があります。

 

一つはAGAの治療を専門的に取り扱うAGA専門クリニックです。

 

そしてもう一つはプロペシア処方などのAGA薬治療を行う一般医院です。

 

AGA治療は、2005年にAGA治療薬として、プロペシアの販売が承認されて以降、本格的なクリニック治療が開始されました。

 

そのため、AGA専門のクリニック以外でも、医師によるAGA治療薬の処方が可能となりました。

 

カウンセリング中

しかし、一般医院での処方は、専門的な知識ない医師が多く、診察なしでプロペシア処方というところが多くなっています。

 

その点、AGA専門外来の場合、男性型脱毛症(AGA)の進行を遅くするだけではなく、発毛を目的とした治療まで行えます。

 

検査は、問診、視診、触診などに加えて、採血や血圧検査などが行われ、定期的にAGAチェックテストが行われ、効果や改善状況を数値としてみることができます。

 

大体は月一回通うことを前提としており、薬による治療をメインとしています。

 

薬は、フィナステリド、ミノキシジル、抗炎症剤、ビタミン類を複合的に使い、個人の体質や進行度に応じた処方を選んでいきます。

 

AGAクリニック治療のメリット

喜ぶ男性

このように注目されるAGAクリニックの治療には、いくつかのメリットがあります。

 

最も良い点は、しっかりとした検査や診療に基づき、個人それぞれに適した治療方法が選べるということです。

 

効果や副作用などの点も含めて、専門医に相談をすることができるのが良いところです。

 

特にAGA治療で使われるプロペシアの安全性を事前に血液検査で確かめることができるのは最大のメリットです。

 

万が一、肌に異常が出た場合でも、すぐに相談できるのも安心できる点です。

 

一般医院では、検査や治療は一部しか受けられないところがほとんどです。

 

AGAクリニック治療のデメリット

すっからかんの財布

AGAクリニック治療のデメリットとしては、費用がかかることです。

 

通常、プロペシアの処方には、1回8000円程度かかります。

 

一般医院では1万円かかるところもあるので、一般医院で処方してもらうよりは安価ですが、コストはかかります。

 

それ以外にもいくつかの高額治療方法を取り入れているAGAクリニックが増えていて、AGAクリニックによってかなり差があることもあります。

 

そのため、全てのクリニックで自分に合う治療が受けられるとはかぎらないので、いくつかのクリニックを比較して良い治療を受けられるクリニックを選ぶことが大切です。

 

AGAスキンクリニック公式サイト

AGAと薄毛の違い

男性の薄毛のタイプの大半は男性型脱毛症(AGA)です。

 

しかしそれだけではありません。それ以外にも男性の薄毛にはいくつかのタイプがあります。

 

今回はAGAとその他の脱毛症をご紹介し違いについてご説明します。

 

男性型脱毛(AGA)

驚く男性

AGAは、男性ホルモンの影響で起こります。

 

男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼと結びつき、薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を発生させることで起こります。

 

ジヒドロテストロンは、毛母細胞の働きを阻害して抜け毛の原因となるホルモンです。

 

男性は、男性ホルモンであるジヒドロテストロンの分泌量が多く、この分泌が頭髪に悪影響を及ぼします。

 

男性ホルモンの影響で薄毛になるのがAGAです。

脂漏性脱毛症

フケの男性

脂漏性脱毛症は、頭皮のフケの発生や皮脂の過剰分泌により起こります。

 

頭皮に発生したフケや皮脂が毛穴につまり、雑菌と合成すると炎症や痒みを発生させます。

 

これが抜け毛の原因となり、さらに悪化する炎症がかさぶたになって毛穴を覆います。

 

男性の場合は、皮脂分泌が多いので、脂漏性脱毛症になるリスクも高いです。

 

男性が好きな脂肪の多い食事も皮脂を増やす原因となります。

 

円形脱毛症

円形脱毛

円形脱毛症は、自己免疫力の低下により起こります。

 

10円玉状の脱毛ができて、頭皮に複数カ所できることもあり、悪化すると頭皮全体に広がります。

 

円形脱毛症は、通常は一時的なものなので自然に治癒することがほとんどですが、一度治っても何度も繰り返すこともあります。

 

ストレスなどが原因でなることもあります。

 

びまん性脱毛症

薄毛の男性

びまん性脱毛症は、女性に多い脱毛症ですが男性でも全くないわけではありません。

 

ホルモンバランスの影響で起こります。

 

脳下垂体から分泌されるホルモンが低下すると、頭皮が全体的の薄毛が進みます。

 

加齢が原因で髪の質が衰え、頭皮の状態が悪くなると薄毛が進行します。

 

AGAとその他の脱毛症の違い

AGAは、男性ホルモンの影響で起こるので、ほとんどの男性はその進行を止めることができません。

 

一方で女性の脱毛症であるびまん性脱毛症は、進行はゆっくりでそれほど急激に進むことはありません。

 

AGAは早いスピードで頭皮全体に広がっていきますが、びまん性脱毛症は全脱毛することはほとんどありません。

 

そしてびまん性脱毛症は、中高年で増えますが、AGAは若い年代から始まります。

 

年齢に関係なく起こり、進行が速いのがAGAの特徴です。

 

男性の薄毛の特徴

男性の薄毛は女性の薄毛と比べていくつかの特徴があります。

 

男性特有の理由や症状があるので、性別によって対策方法もかわってきます。

 

男性の薄毛は遺伝要因が大きい

薄毛を気にする男性

男性の薄毛に悩まれている方のほとんどは、家系に薄毛の方が多いのではないでしょうか。

 

お父さんやお祖父さんも薄毛だという方が多いです。

 

この理由は男性の薄毛の原因は、遺伝が多いからです。

 

これには男性ホルモンが関係しています。

 

男性ホルモンは、酵素と合成してDHTという毛母細胞にダメージを与える物質を合成します。

 

これが薄毛や抜け毛の原因となります。

 

DHTの生成は、遺伝によって決定づけられることが多いと言われています。

 

そして男性ホルモンは、頭皮の皮脂分泌を促す働きがあるので、毛穴詰まりや頭皮トラブルの原因ともなります。

 

これも頭皮の環境を悪くして、抜け毛を増やすことにつながります。

 

女性の場合は、遺伝要因もないわけではありませんが、その他の要因の影響を強く受けます。

 

例えば加齢や出産に伴う女性ホルモンの減少、ダイエット、ストレス、ヘアケアによるダメージ、睡眠、運動不足など、それ以外に影響がある条件がたいへん多いです。

 

遺伝単独の要因よりは、これらのいくつかの要因から薄毛になることがほとんどです。

 

男性の薄毛は部分的に薄くなることが多い

ハゲの男性

男性の薄毛は、男性ホルモンの影響によっておこるAGA(男性型脱毛症)です。

 

AGAは、最初は部分的に薄毛が進み、例えば髪の生え際や、頭頂部の脱毛することが多いです。

 

一方で女性の場合は、髪全体が薄くなるびまん性脱毛症がほとんどです。

 

また時期や進行度にもついても、男性は早ければ20代から薄毛が始まり、進行度も早いです。

 

髪の生え際や頭頂部のみの薄毛でも、やがては頭皮全体に急速に進んでいきます。

 

一方で、女性の場合は、ほとんどは中年期以降に髪全体が薄くなり始め、進行もそれほど急速には進みません。

 

また髪全体が脱毛してしまうこともあまりありません。

 

対策方法の違い

男性の薄毛の原因は、男性ホルモンです。

 

そのため、対策方法としても、男性ホルモンに働きかける育毛剤も有効です。

 

最近では、男性ホルモンの薄毛を招く物質を抑制することが可能になりました。

 

もう一つは血行促進の成分です。

 

男性の薄毛対策の場合、この2つがキーとなります。

 

一方で女性の場合は、男性ホルモンに直接働きかける育毛剤は、妊娠時に胎児に影響が出る恐れがあるので利用できません。

 

女性場合は、血行促進や女性ホルモンのバランスを整えるも育毛剤などがあります。

 

このように、対策方法にも違いがあります。

育毛剤も捨てがたい…?

まだ育毛剤を試してないから、育毛剤を試してみようかなという方にはおすすめの育毛剤をランキングでご紹介します。

 

薬局などで売っている育毛剤では効果はありませんが、このサイトで紹介している、ネットで買える育毛剤であれば効果は期待できます。

 

なぜ分かるのかって?

 

父親で実証済みです。 (笑)

 

 

CHAP UP(チャップアップ)の特徴

育毛剤で1番人気といえばCHAP UP(チャップアップ)。 幅広い年代に人気があり、女性までも愛用者がいます。頭皮の血流を良くして、血行改善を促すためのセンブリエキスや、頭皮の炎症を防グルチルリン酸など、特に頭皮や毛髪に良い成分ばかりを選り抜きで配合されています。

  • 使用者100人中97人が満足
  • 男性育毛剤ランキング第1位
  • スキンケア大学におすすめの育毛剤と掲載され、GQやLEONといった男性向け雑誌でも大注目
  • 専門家も品質を保証
  • 永久返金保証付き
  • 無添加・無香料
  • 業界最大級50種類の育毛成分配合
1か月以内に効果が感じられなかったら全額返金!だいぶ自信があるという事ですね。
厚生労働省認可とうたっているように、製品としての安全性も保証付きです。さらに100%無添加なので頭皮や肌へのダメージも少なく使いやすいのも嬉しい点です。

価格 7,400円
評価 評価5
備考 通常価格から50%オフ。 送料660円が必要です。
CHAP UP(チャップアップ)の総評

単品購入は通常価格14,800円が50%オフの7,400円(税込)+送料660円。 なのですが…。
定期便にした方がお得です。 育毛ローション1本(120ml) 14,800円+サプリメント(120粒入り) 1箱5,960円で20,760円が56%オフになって9,090円(税込)+送料無料。 今ならヘッドスパで使用されているクレンジングジェル約15ml(約3回分)が無料でついてきます。
育毛剤だけでなく、サプリメントを補助的に摂取することは育毛には有効なんですよ。
定期便を購入し1か月様子を見てみてください。 それで効果がなければ返金してもらえばいいんです。 効果があったら、そのまま続ければいいんです。
本気で治したいならね。

 
 

イクオス(IQOS)の特徴

イクオス(IQOS)は北海道ミツイシコンブ由来エキス(M-034)の含有量が最大級。 厚生労働省が「育毛」に効果があると認可した医薬部外品です。

  • 愛用者満足度97.5%
  • 45日間返金保証
  • 厚生労働省が認めた育毛剤
  • M-034含有量最大級
  • センブリエキスなどの育毛有効成分たっぷり
  • 3か月以内に効果を実感した人は76%
  • 無添加・無香料・無着色だから女性でも安心
  • リピート率はなんと97%

価格 6,800円
評価 評価4
備考 定期購入特別価格
イクオス(IQOS)の総評

定期購入特別価格は6800円。 これがずーっとだからだから、単品購入よりも安い。 サプリメントもプレゼントでついてきますよ!
お休み、中止はいつでもできます。

 
 

BUBKA(BUBKA)の特徴

育毛成分がさらにパワーアップしました!生まれ変わったBUBKA。愛用者も多いです。

  • 高濃度M-034を60%増量!
  • 低分子ナノ化でM-034の浸透力がすごい!
  • 新型BUBKAの効果を実感できた人はなんと98.1%
  • 頭皮にダメージを与えないノンアルコール製法(業界初)
  • オウゴンエキスが脱毛の原因を抑えます
  • 無添加・無香料

価格 5980円
評価 評価3
備考 初回限定価格
BUBKA(BUBKA)の総評

30日間全額返金保証付きです。
パワーアップしたBUBKAを特別価格で使えるのは今だけ!
定期便は今なら、通常価格22680円のところ、5980円
定期便はいつでもやめられます。 まずは1か月使ってみてください!

 
 

BOSTON(ボストン) スカルプエッセンスの特徴

ミノキシジルの3倍効果があると言われているキャピキシル配合の育毛剤「ボストン スカルプエッセンス」。 顧客満足度も92%と非常に高く、効果も実感していると人気です。
頭髪のボリュームアップと頭皮サポートのため2つの成分、キャピキシルとピディオキシジルを配合され、このダブルの成分の働きで両方に有効な効果をもたらします。

  • 医学会が認定(日本肌再生医学認定品)
  • キャピキシル5%配合
  • ピディオキシジルで毛髪環境のリズムに刺激を与える
  • ノーベル賞レベルの貴重な成分、フラーレンで本来持つ地肌環境をサポート
  • 覚醒因子配合で元気な頭皮をサポート
  • 180日間返金保証

価格 14,800円
評価 評価2.5
備考
BOSTON(ボストン) スカルプエッセンスの総評

単品購入なら14,800円(税別)なのですが…育毛というのは継続が大切。 そこで、やはり定期便をおすすめします。
3本セットの特別定期便は、通常であれば44,400円(税別)のところ、44%オフの24,800円(税別)!送料無料。 毎回19,600円割引の特別価格で自動的に届けられます。 この特別定期便は最低3回の継続がお約束。 いきなり3本セットはなぁという人には1本お届の定期コース、13%オフの12,800円がおすすめ。
ミノキシジルで効果がなかったという方はキャピキシルを試してみる価値はあるんじゃないでしょうか?
本気でハゲを改善したい!という男性がこのボストン スカルプエッセンスを続々試しているようで、注文が殺到しているため発送がすぐできないようですね。 本気で治したいなら売り切れになる前に!

 
 

ザスカルプローション【THE SCALP 5.0C】の特徴

こちらもミノキシジルよりも3倍効果があるというキャピキシル配合の育毛剤。
GFやシアル酸の発酵プラセンタを豊富に含んでいます。
発酵プラセンタは、頭皮の状態を健康に保ち、頭皮を活性化させることができます。そして、それ以外にも41種類もの薄毛や抜け毛対策に効果がある成分が含まれているんです。

  • 2015年モンドセレクション金賞受賞
  • 60日間返金保証
  • 無香料・無添加
  • 再生医療でも注目されている「再生因子」を含む41種類の有効成分も配合

価格 15,000円
評価 評価2.5
備考
ザスカルプローション【THE SCALP 5.0C】の総評

単品購入なら15,000円(税込)+送料540円+代引き手数料324円。
これもやはり定期購入をおすすめします。 本気でハゲを改善したい男性は定期コースを選んでいます。 今なら通常15,000円の所、定期コースにすれば10,000円(税込)。 送料無料。 この定期コース4回目からはVIP会員となりさらにお得な値段で購入できます。

 

 

育毛剤のメリット・デメリット

薄毛・ハゲはモテない!?

薄毛・ハゲている男性は女性にモテない、そう思っている男性が大半かと思います。

 

事実としては…、一部にはモテないけれど一部にはモテる、というのが現実のようです。

 

ハゲの男性

ネットの声を集めてみると、確かに薄毛やハゲはちょっと……という女性の声はあります。

 

ハゲている男性は生理的に無理とか、恋愛の対象としては考えられないという人もいます。

 

こういう感覚の女性にモテなくなるのは仕方ありません。

 

しかし一方で、ハゲでもかまわない、むしろカッコいいという女性がいるのも事実です。

 

テレビ番組の調査などでも、ハゲが好きと答える女性が少なからずいることがあります。

 

また、特にハゲが好きというわけではないけど、恋人や夫が薄毛であるという女性も多数います。

 

女性としては

  • 薄毛を気にしてオドオドしている
  • どうせハゲだからと諦めている
  • 下手に誤魔化そうとしているのが見苦しい

と思うようですよ。

 

たとえハゲでも薄毛でも堂々としていれば堂々としていれば…いいのかもしれませんね。

 

だって、スキンヘッドは好きという意見もありますから。

 

まとめると、ハゲを嫌う女性もいるしモテ度が下がってしまうのは仕方ない、けれどハゲ好きの女性もいるし全くモテないと断言できるほどモテなくなるわけではない、ハゲを気にして卑屈になることがいちばん良くない、ということのようです。

育毛と食生活の関係

現代では薄毛や抜け毛の治療を行うクリニックが数多くありますし、育毛剤もさまざまなものが出ています。

 

しかし、育毛のためには普段の生活習慣の改善も大切です。

 

特に食生活が育毛に与える影響は見逃せません。

食事をする男性

 

栄養バランスが偏った食生活を続けていると、毛髪に必要な栄養が行き渡らずに抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

栄養が不足すると生命維持に必要な他の部分に先にまわされるので、髪への栄養が届かなくなるのです。

 

さらにメタボリックシンドロームと男性型脱毛症とが関係しているという説もあります。

 

これはメタボが直接薄毛の原因になるというよりも、メタボを防ぐような食生活が血中の遊離男性ホルモン量を低くし男性型脱毛症の進みを遅らせる効果が期待できると考えられています。

 

育毛のための食生活で大切なのは、栄養バランスです。

 

特に髪を育てるタンパク質、ビタミン、ミネラルの摂取を心がけることが大切です。

 

また脂質や糖質の摂りすぎは頭皮の脂が過剰になり抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

厚生労働省が発表している「食事バランスガイド」などを参考にすると良いでしょう。

 

外食やコンビニ弁当では高脂質・高カロリーに陥りやすいので、できれば自炊がベストです。食事の回数や時間も大切で、1日3食を決まった時間に食べる規則正しい食生活がおすすめです。

男性のハゲパターン

ハゲとひとくちに言っても、その進み方はさまざまです。

 

男性のハゲの場合、大きく分けるとおでこの生え際が後退するパターンと、頭頂部が薄くなるパターンの2つがあります。

 

そして生え際が後退するパターンには、おでこの真ん中が後退していくU型と、真ん中は髪が残り左右のこめかみの上部あたりから後退していくM型の2つにさらに分かれます。

 

なお、頭頂部が薄くなるパターンはO型と呼ばれます。生え際と頭頂部の薄毛が同時に進行することもあります。

 

ハゲの男性

 

全体的に薄毛が進行するのは女性には多いですが、男性では上記のU型、M型、O型からハゲが進行していくことがほとんどです。

 

U型は男性のハゲで最も多く見られる典型的なパターンです。

 

M型は真ん中の髪が残ることから初期には気付きにくいので、対策が後手になりがちです。

 

O型は他人からはよく見えても自分では気付きにくいもので、気付くとストレスとなりやすいです。

 

そしてどのパターンから進行していっても、最終的には前頭部と頭頂部の髪が無くなり、後頭部と側頭部の髪が残ります。

 

どのパターンのハゲにしても早めに育毛対策をとることが重要です。

 

こうした男性のハゲの場合は一気に抜けるものではなく少しずつ薄毛が進行していくので、早めの育毛により進行を遅らせられるかがカギとなります。

 

自分で毎日鏡を見ていても気付きにくいものなので、遺伝などで気になる点があれば家族に確認してもらうなどしましょう。

 

薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛 ハゲ 治療 AGA|薄毛治療 育毛剤 医薬品 育毛対策 副作用 厚生労働省 医薬部外品 幅広い年代 ハゲラボ 植毛 それぞれ異なる特徴 最先端技術 抜け毛 育毛効果 発毛 徹底解説 リスク 髪の毛 ケース 手術 岡村 フィナステリド ミノキシジル プロペシア オールナイトニッポン 矢部 岡村隆史 薄毛治療 AKB48 外用育毛剤 外用薬 内服薬 出川哲郎 ナイナイ スマップ中居 AGA治療 地肌 育毛メソセラピー 被り物 エグザイル