AGAは男性ホルモンが関与している

男性の薄毛は、ほとんど男性型脱毛症(AGA)により起こります。

 

このAGAの原因となるのが男性ホルモンです。

 

今回は、男性の薄毛のAGAと男性ホルモンの関係についてご説明します。

 

男性型脱毛症(AGA)とは

ハゲの男性

AGA(エージーエー)は、男性の薄毛の大半を占める薄毛のタイプです。

 

思春期以降に男性ホルモンが増えると起こる脱毛症です。

 

特に中年期以降に症状が進むことが多く、脱毛の部位は頭頂部や生え際に起こります。

 

徐々に脱毛部位が広がり、やがて頭皮全体が脱毛していきます。

 

また、進行が速いのも男性の脱毛症の特徴で、女性の脱毛がゆっくりと進行し、ある程度までしか進まないのに対して男性の脱毛は頭皮全体にまで及びます。

 

その理由は、遺伝的な要因が大きく、予防や対処が難しいこともあります。

 

それ以外にもストレスや食生活、睡眠不足、運動不足、喫煙なども影響します。

 

男性は、これらのすべての要因で男性ホルモンが増加すると、AGAになりやすくなります。

 

遺伝でAGAになるのは男性ホルモンが理由

薄毛の男性

AGAになるのは、遺伝要因が大きいことはお話したとおりですが、それはAGAを起こすジヒドロテストステロンが遺伝によって決まるからです。

 

遺伝的な体質でこのジヒドロテストステロンが多い人がいます。

 

さらにジヒドロテストステロンを発生させる5αリダクターゼという還元酵素も遺伝によって量が決まっています。

 

5αリダクターゼは、テストロンをジヒドロテストステロンに転換させる還元酵素ですが、これが多いとよりジヒドロテストステロンが発生しやすくなるので結果的に薄毛になりやすくなるということになります。

 

そしてジヒドロテストステロンが働く毛母細胞の働きも関係しています。

 

毛母細胞の受容体が敏感な人はよりジヒドロテストロンが活発に働くので、よりAGAが進行しやすくなります。

 

この毛母細胞がジヒドロテストステロンに敏感なのも遺伝的によって決まります。

 

体質的に受容体が敏感な人がいます。

 

男性ホルモンの影響

ヘアサイクル

そしてジヒドロテストステロンには、ヘアサイクルを乱れさせる働きがあります。

 

ヘアサイクルは育毛期、退行期、休止期という3つのサイクルを繰り返すことで髪の生まれ変わりを繰り返していますが、育毛期が短くなり、休止期が伸びると、薄毛が進みやすくなります。

 

髪は長い間休止し続けると、やがて永遠に生えてこなくなる、つまり永久的に脱毛状態になってしまいます。

 

さらに男性ホルモンには頭皮トラブルの原因となる皮脂分泌を促進する働きがあります。

 

これら2つの理由で男性ホルモンがAGAを引き起こします。